大場 一正(塾長)

コンサル歴32年。姫路市生まれ。関西学院大学卒業。
神姫観光㈱(現:神姫バスツアーズ)入社、29歳の時に労働組合結成し初代委員長を務める。
その後、人事専門コンサル会社に転職し8年間勤務した後、独立のため退社。
1996年、大場経営コンサルティングを設立、2003年に有限会社人財開発室を設立し現在に至る。
専門分野は人事制度設計と定着化支援、各種研修講師、ホテル旅館業経営支援等。
コンサルティング理念は「人財は企業の固定資産」(人件費は費用a/cでなく投資a/c)。
他に総合旅行業務取扱管理者の資格を保持する。

【担当講義】中小企業コンサルティングの具体的な進め方

小畑 秀之

大学卒業後、食肉メーカーにて焼肉レストランや食肉小売店等に対する提案営業に従事。
その後、経営コンサルティング会社にて社員研修等の営業に携わる。
2004年、中小企業診断士取得に伴い独立。2008年には株式会社そだてるを設立し、代表取締役に就任。
現在は、「EH経営(Employees Happiness=従業員が幸せになる経営)」の普及をテーマに掲げ、中小企業のコンサルティングや社員研修を行っている。
また、スタッフ9名体制(うちまんが家5名)により、企業の「採用まんがツール」等の広告制作事業も手がける。
当塾第2期修了生。

【担当講義】プロコンの商品づくりと仕事のとり方

伊藤 康雄

大学卒業後、21年間、新聞社に勤務。
広告営業職として数多くの企業に広告企画を提案し、紙面化を実現。
また、社内では組織風土の改善活動を精力的に行い、企業変革の課題を実体験する。
2008年コンサルタント業開業。自らの豊富な営業経験、組織変革経験をもとに組織変革支援、自律型人材育成、営業力強化に関する活動を展開中。
株式会社クリアストリーム・コンサルティング 代表。(一社)兵庫県中小企業診断士協会 副会長。
当塾第3期修了生。

【担当講義】プロコンに求められる文章力・書類作成能力、説得力を高めるプレゼンテーション方法

柳 辰雄

高校卒業後、自動車販売業、印刷業、消費財メーカー、生産財メーカー等のさまざまな業種の営業職に従事する。
2008年に中小企業診断士に登録し、2009年に経営コンサルタントとして独立する。
長年にわたる中小企業勤務の経験を活かして、企業の実態に応じた実行力の向上に焦点を当てて活動している。
「何をするか」といった戦略や手法のみならず、「どのように実行するのか」を共に考えサポートすることを信条としている。
株式会社じりつ未来研究所 代表取締役。当塾第4期修了生。

【担当講義】中小企業のコンサルティングニーズと心構え

西口 延良

さくら銀行(現三井住友銀行)に16年、兵庫県中小企業団体中央会に7年、兵庫県中小企業再生支援協議会に2年勤務する。
銀行員時代、資金繰りに苦慮する中小企業の倒産にかかわった経験より、業績が低迷する中小企業を少しでも支援したいとの思いが強くなり、2015年独立開業に至る。
財務改善や資金繰り支援を専門分野とし、経営改善計画書作成による経営支援と金融支援を得意とする。
地域に深く根をはり、地域に愛され、地域に定着することを目指す「神戸密着経営」をコンサル理念に掲げて、中小企業の支援に従事する。
当塾第5期修了生。

【担当講義】中小企業特有の財務診断

東松 英司

計測・制御系大手の新規事業部門勤務を経て2011年に独立。
業務経験を活かし、農業・食品関連分野を中心としたコンサルティング活動を展開。
地域産業の活性化への貢献を目指す。
近年は、当初より掲げていた「人々がいきいきと働く社会づくり」に主眼を置き直し、「人が輝く経営」をテーマとした企業変革のサポートに注力している。
現状の延長線上にとどまらない経営プラン策定や、人の能力を引き出し成長させる仕組みづくりにより、企業の飛躍的な成長やV字回復を実現させる。
東松感動経営サポート代表。当塾第7期修了生。

【担当講義】本質的原因の掴み方と効果的なヒアリング

西嶋 衞司

大手メーカーで、住建部門の営業職として流通や工事店への支援型営業に従事する。
その後組織変革や人材育成のコンサルティング子会社へ出向、組織・しくみ変革、人材育成・意識革新コンサルティングを推進する。
2013年に独立。2015年には株式会社サリリィエイジングを設立し代表取締役に就任。
「しくみと意識を変えて業績を上げよう!」をキャッチフレーズに、会社員時代の工事会社や流通、製造会社に対する支援実績や、20年余りにわたる管理職としての実績など、豊富な実経験をベースに「成果」に結びつく実践的コンサルティングに取り組んでいる。
当塾第9期修了生。

【担当講義】セミナー・研修の企画&受注の具体的方法